Google

2005年06月19日

JR福知山線・宝塚―尼崎間で運転再開

 兵庫県尼崎市の福知山線脱線事故で不通になっていた同線宝塚―尼崎間の営業運転が19日午前5時、再開された。

 4月25日の事故以来55日ぶり。

 始発電車には、JR西日本の垣内剛社長が運転台に乗車、同20分ごろ、現場カーブ付近を通過すると、同乗していた同社関係者らとともに、犠牲者を悼んで敬礼した。

 出発に先立ち、宝塚駅で午前4時40分、垣内社長と労働組合3団体の代表者が、安全輸送の確保に向けた決意文に署名し、事故電車と同じ207系車両の始発、木津行き普通電車に乗り込んだ。運転士がダイヤ表をチェックして同5時ちょうどに2番ホームを滑り出した。

 現場カーブではそのころ、南谷昌二郎会長ら同社の幹部、社員約50人が線路脇の献花台で、安全を最優先する企業風土の構築を誓って献花。カーブに差しかかってきた始発電車に敬礼し、通過を見守った。

 電車は現場カーブで、制限速度の半分の時速約30キロまで速度を落として通過した。

 同5時20分過ぎ、尼崎駅に到着して降車した垣内社長は「事故現場にさしかかった時は身の震える思いがした。心の中で改めておわびした」と述べた。

 今回の事故では、余裕のないダイヤ編成が事故電車の速度超過を招いた背景の一つと指摘されたことから、同社は運転再開時の新ダイヤで、制限速度を抑制したほか、駅間の「運転時分」や駅での「停車時分」にゆとりを持たせ、快速電車の平均所要時間を平日の朝ラッシュ時で18分16秒から20分に延ばした。
(読売新聞) - 6月19日9時4分更新
posted by hiroshi at 10:46| Comment(1) | TrackBack(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントありがとうございます。

今回の大惨事を教訓として、安全輸送を心掛けて戴きたいと思います。他の鉄道会社の模範となるJR西になって欲しいものです。
Posted by ひとり at 2005年06月19日 23:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

JR宝塚(福知山)線きょう再開
Excerpt: JR宝塚線の脱線事故で、不通になっていた宝塚ー尼崎駅間(17.8キロ)の運転が19日再開された。 事故が起きた4月25キ日以来55日ぶり。 午前5時に発車した始発の普通電車にはJR西垣内社長が制服姿で..
Weblog: ひとりの独り言
Tracked: 2005-06-19 10:53

言靈貶せられて
Excerpt: 福知山線走り初む 「傷」なほ癒えぬさみだれに 鐵路聲分け負へる非違 音も搖らの跡世を浮かめ ふくちやませんはしりそむきすなほいえぬさみたれに てつろこゑわけおへるひゐねもゆらのあとよをうかめ 五十..
Weblog: いろは 伊呂波 IROHA
Tracked: 2005-06-19 14:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。