Google

2005年06月05日

第3のビール まとめ

ビールに他物を混入し、税金対策を行う発泡酒(=第2のビール)に次ぐ第3のビール。

代表的なものとしては、
ドラフトワン…サッポロ、エンドウ豆
スーパーブルー…サントリー、麦焼酎(以前同社で発売されていた「麦風」の品種改良or後継商品?)
新生…アサヒ、大豆ペプチド

私および知人の意見を参考に比較してみると…
味:
・ドラフトワンより麦風のほうが良い。
・麦風よりスーパーブルーのほうが美味しくなった。
・スーパーブルーは微妙だが、新生は問題なく飲める。
以上の意見より、
ドラフトワン<(麦風)<スーパーブルー<新生
ではなかろうかと。
価格:
私のよく行く店数件を参考にすると…
・大抵ドラフトワンがスーパーブルーよりちょっと高い。
・新生もスーパーブルーより高く売ってる店がある。
・しかしスーパーブルーと新生を同じ価格で売っている店も見かける。
以上より、
ドラフトワン≧新生≧スーパーブルー

となるのでしょうか。
以上を総合すると、味重視で新生、価格重視でスーパーブルーとなります。
しかし新生とスーパーブルーが同価格のお店もあることを考えると新生が一番良いのでしょうか。
まぁ、データ元の方々が(私を含めて)スーパードライ派なので(特に味覚面で)意見が偏るところもあるでしょうが(新生は(本生(発泡酒)も含めて)スーパードライに味を似せている)。

※以上のデータはあくまで個人的な意見です。統計的なデータサンプル数もかなり少ない(おそらく5人以下)ですので個人差により異なる事もあるかと思われます。


ところで半年以上前みたいですがこういうニュースがあったんですね。こまりますなぁ。

「第3のビール」に増税論議 来年度税制改正で攻防
http://www.asahi.com/business/update/1121/014.html
posted by hiroshi at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4141069

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。